2013年05月27日

呆けた時間、新刊『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』、トークショー、サイン会、etc.

book.jpg
 

 みんな、元気?

 ぼくはここ数週間、呆けたような時間を過ごしてきた。

 いや、仕事はちゃんと全力でやってきたし、遊びは遊びでいつものように楽しんできたけど、夜、家にいるとボーッとテレビばかり観ている自分がいる。
 
 半年近くかけて毎晩、『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』の原稿を書いていたのだが、それが終わって本になった今、何をしていいのか分からないのだ。

 次に何を書きたいのかは分かっている。長編小説を書きたいのだ。

 でも、今はまだ『WOMEN,,,』から気持ちを逸してはいけない気がする。

 これからこの本のプロモーション・イベントが色々とあるのだ。

 そういうことをやりながら、長編小説は書けないし、書いてはいけないと思う。

 だから、何もしないようにしているのだけど、これが辛い。

 それだけ『WOMEN...』を書いているときが楽しかったし、充実していた。

 この本、いくつかの書店で先行発売が始まった。

 書くのがとても楽しかったし、いつも以上にすらすらと書けた本だ。だからこそなるべくたくさんの人に読んでもらいたい。

 読物として充分に楽しんでもらえる本に仕上っていると思う。

 もちろん、売るのに出来るだけのことをするつもりだ。

 自分の書いた本は自分のベイビーだ。ちゃんと世に出るように応援したいし、プロモートしたい。

 取り敢えずは次のようなプロモーション・スケジュールが決まっている。

 6月7日、金曜日 19:00からヴィレッジヴァンガード下北沢にて、『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』の刊行を記念してぼくとTRANSIT 編集長の加藤直徳さんとトークショーをやり、そのあとサイン会を開く。

 6月12日、水曜日、19:30より代官山蔦屋書店にてぼくとドキュメンタリー作家の石井光太さんとの「旅路の中の女性たち」というテーマでトークを展開し、その後、サイン会を慣行する。
 
 6月22日、土曜日、18:00より紀伊國屋新宿南書店にてぼくひとりのトークとサイン会を企画している。

 また5月25日、土曜日から2週間、丸善丸の内本店で『WOMWEN...』のコーナーが2階で設けられる。

 WOWWOWのの番組にも出演するが、これに関してはまた追ってお知らせする。

 とにかく、以上の書店で既に先行発売が実施されているので、興味がある方はぜひ手に取って読んでみてほしい。

 この本のキャンペーンがすべて終わったら、長編小説の執筆を開始するつもりだ。

 それまではしばらく、家での呆けた状態が続きそうだ。

 ではでは、良い一週間を。

 Ciao!


 

 

 

 

 

 

 

 

 
posted by ロバート・ハリス at 03:48| Comment(0) | 気ままな日記