2012年06月20日

『ウォーキング・デッド』、トークショー、「アレアレ・シネマトーク」、etc.


 みんな、元気?いま現在、すごい台風が関東地方を通過中だけど、大丈夫?

 ぼくはさっき、大雨の中、渋谷を歩いていて、腰から下がびしょ濡れになって最悪だった。

 さてさて、『ウォーキング・デッド』のセカンド・シーズンがやっとレンタル・ショップに入ってきたね。みんなもう観た?
ぼくは観たけど、セカンド・シーズンもファーストに負けず劣らずすごいよ。

 ぼくはゾンビ映画もけっして嫌いじゃないので、全然ハッピーなんだけど、ゾンビ映画は苦手っていう人にもぜったいにお薦めのテレビ・シリーズ。ゾンビだらけになってしまった黙示録的な世界が背景なんだけど、中身は上質なヒューマン・ドラマ/サスペンス/アクション・スリラー。登場人物はみんなしっかり描かれているし、ストーリー展開のテンポはいいし、物語も緻密に構成されていて、とにかく手に汗握るドラマに仕上っている。アメリカのテレビ・シリーズってただ金が掛かっているだけではなく、全てにおいてレベルが高いなって改めて思うね。日本のテレビ・ドラマがそうではないのがすごく悔しいけど。

 さて、ぼくからのお知らせが二つ:
 
  ひとつはぼくが友人のジェフ・キド君と定期的に開催しているトークショー「旅共」をライブハウス「山羊に、聞く?」で今週の木曜日、6月21日にやります。ゲストは友人で旅人でライター、現「HOTBIKE」編集長、元「旅学」編集長の池田伸君。旅の話で盛り上がろうと思うので、ぜひ遊びにきてください。

  場所は「山羊に、聞く?」東京渋谷区代官山 20-20 モンシェリーB1F 03-6809-0584 info@yagiii.com 時間は19時オープン、20時スタートです。

  もうひとつは毎月恒例の「アレ★アレ★シネマトーク」。今回は今週の金曜日、6月22日にいつものタンバリン・ギャラリーで開催します。こっちょの方も、応援よろしく。当日、ギャラリーに遊びにきてくれてもいいし、UStreamで観てくれてももちろんハッピーです。今回のテーマは「フランス映画」。ルノアールからトリュフォー、ゴダール、ベネックス、ベッソン、カラックスまで、フランス映画の素晴らしさを追求します。

 場所はタンバリン・ギャラリー 東京都渋谷区神宮前2-3-24 03-5770-2331 http://www.ustream.tv/channel/are2cinema
 時間は19:30スタートです。

 やっと台風も過ぎ去りつつあるみたいだね。よかった。

 ではでは、よい夜を。ぼくはこれからサッカーのヨーロッパ選手権をテレビで観戦するつもり!
 Ciao!
posted by ロバート・ハリス at 01:00| Comment(4) | 気ままな日記

2012年06月11日

どうでもいいことだけど、気になる...


 みんな、元気?

 これはどうでもいいことで、敢えてここに書くほどのことでもないんだけどね、なんとなく気になるので書くね...

 整形外科のテレビ・コマーシャルってなんでいつも趣味が悪いんだろ。

 例えばTAKASUクリニックの高寿院長がヘリコプターに乗って(操縦?)ドバイかどこかの上空を飛んでいて、なぜか機内にはアラブ衣装に身を包んだ野村沙知代までいて...っていうやつ。あのヘリコプターには絶対に乗りたくないよね。高寿さん、何が言いたいんだろ?ぼくはセレブですってことなのかな。観ているだけで恥ずかしくなるんだよね。

 最近は湘南美容外科クリニックのコマーシャル。若いドクターたちが真面目な顔をして「好きな言葉は愛です」とか「好きな言葉は努力です」とか言うあれ。思わず身がすくんじゃう内容なんだけど、観れば観るほど「好きな言葉はうんこです」とか「好きな言葉は丸儲けです」とかちゃちゃ入れたくなるんだよね。それってぼくだけかな?

 ごめん、まったく下らない内容だったね。
 
 Have a good evening!
  Ciao!
posted by ロバート・ハリス at 18:59| Comment(4) | 気ままな日記

2012年06月10日

大阪、上智、レイ・ブラッドベリ、『ミッドニナイト・イン・パリ』、etc.

 
 みんな、元気?

 ぼくは相変わらず、なんとなく忙しいかな。

 書かなければいけないエッセイ集はなかなか書けないのでイライラムラムラしているけど、これはもう頑張るしかないんだよね。

 先週の金曜日は久しぶりに大阪に行って来た。J-WAVEと親交が深く、ぼくの日曜日のラジオ番組『ヴィンテージ・ガレージ』を放送してくれているFM802の開局23年を祝う「FM802 23rd FUNKY BIRTHDAY SPECIAL!」にゲスト出演するため。

 大抜卓人というレギュラーDJの方と20ほど旅や本や音楽などについてフリートークをしたんだけど、楽しかったな。

 出演を終えたあと、マネージャーと二人で天神橋の商店街を端から端まで歩いて、双月っていうお好み焼き屋で豚玉餅入りのお好み焼きと焼きそばを食べたんだけど、こっちの商店街はすごいね。東京の戸越銀座とか武蔵小山の商店街なんか、比較にならないぐらい巨大だよね。なんか、大阪弁を聞きながらこの商店街を歩いていると、まるで東南アジアの違う国を彷徨っているような感じで、面白かったな。
 
 昨日は上智大学の学生や20代、30代のOBのパーティーが渋谷であって、そこでゲストスピーカーとしてちょっとトークしたけど、これもけっこう楽しかった。母校の上智って慶応とか早稲田と違って、ものすごい愛校心があるわけではないし、熱い団結心なんてものもないんだけど、ぼくはそういうクールなところが好きだ。トークの後にみんなと話したんだけど、みんな元気があって生き生きとしていて楽しかった。軽やかでスマートな若者が多いんだよね。これがよかったな。

 BOOKS:SF作家のレイ・ブラッドベリ、亡くなっちゃったね。享年91歳。とても詩的な文章を書く作家だった。彼の『火星年代記』とか『たんぽぽのお酒』、もういちど読んでみたいな。
 
 彼の言葉を幾つかツイッターで紹介してきたんだけど、ここでまとめてもう一度紹介するね:

 「人生を楽しんでいるなら、全てが素晴らしく不思議に見える気持ちをずっと持っていられるよね」
 「目を不思議の思いでいっぱいにして、10秒後にはばったり倒れて死んでしまうかのように生きるんだ」
 「飛び降りてごらん。落下しながら君は翼を広げる術を発見するから」
 「ぼくの人生には二つのルールがあるんだ - 何がこようと、クソくらえ。そして仕事を達成することさ」
 「旅の楽しみの半分は道に迷う美学さ」
 「朝起きて、愛していることを書くんだよ。何か、生きる糧になることをね」

 MOVIES:ウディ・アレン監督の新作『ミッドナイト・イン・パリ』を観たけど、とても良かった。ハリウッドで売れっ子の脚本家が婚約者とあこがれのパリへ行って、真夜中になると1920年代のパリへタイムスリップして、ヘミングウェイやスコット・フィッツジェラルドやピカソやダリに会って、フランスの女の子に恋をして、小説家になる夢がどんどん膨らんでいくっていう、
ウディ・アレン特有のファンタジックなコメディ。ウディ・アレンのマジック・タッチに全て委ねて、じっくりと味わう作品に仕上っている。人があんまり入ってないみたいだけど、ぜったいに観に行くべき作品だと思う。行く前に1920年代のパリについてウィキペディアを検索するだけでもいいから、少し勉強していくと、もっと面白くなるよ。

 ではでは、またエッセイとの格闘に戻るね。

 Have a good night!
  Ciao!







posted by ロバート・ハリス at 19:47| Comment(2) | 気ままな日記