2012年04月02日

小島慶子さん、『船を編む』、DVD、etc.

 
 みんな、元気?

 今日、ラジオでトークする小島慶子さん(ぼくと同じ、メディア・パーソナリティ)の新著『気の持ちようの幸福論』にとてもいいことが書かれてあったので、紹介するね:
  「自分が手にしていないものを追い続けている人は、逆に、手にしているものが見えなくなってしまいます。ないもののほうを見ていたら、あるものが「ないもの」になってしまう。自分が何を手に入れていないか、ということだけを延々と見続けている人生になってしまうんですね。...手にしていないものを求め続けるのではなく、手のなかにあるものとともに生きていく。そのための方法を考えるべき時代じゃないかと思います」
 本当だよね。ぼくもその通りだと思う。今、目の前にある人生を愛してあげなければ、何も愛せないと思うんだよね。未来なんて存在しないんだから。存在するのは「今」。人生ってこの「今」の連続なんだよね。

 本:三浦しをんの『船を編む』を読んでいるんだけど、ほんわかした良い小説だよ。辞書を作ることに人生と情熱を賭けた、愛らしい変人たちの物語。読み終えたらぼくなりの感想を書くね。

 映画:DVDでフランスの映画監督フレッド・カヴァイエの作品『ラスト3デイズ〜すべて彼女のために』を観たけど、かなり迫力のあるアクション映画だった。恋する奥さんが殺人容疑で終身刑になってしまったらどうするか...というのが物語の設定。
 あまりにも良くできた映画なのでポール・ハギス監督、ラッセル・クロウ主演のアメリカ映画『スリーデイズ』としてリメイクされたけど、ぼくはオリジナルの方が迫力があると思う。見比べてみるのも面白いかもね。とにかく、お薦めです。

 ではでは、have a great day!
 Ciao!


 

 
 
posted by ロバート・ハリス at 10:24| Comment(3) | 気ままな日記