2012年01月31日

「シャンタラム」、「モンスターズ 地球外生命体」、そして母。

 みなさん、元気ですか?

 元旦以来のブログです。今年はブログを毎日付けるのが目標のひとつ...などと言っておきながら、他に書く仕事に追われて、ついついブログがおざなりになってしまいました。

 申し訳ない...

 そんなわけで、今日からは何とか、一行ずつでも毎日書いていこうと思っています。

 BOOKS: ほんの2,3日前にオーストラリアのグレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ著の壮大な冒険小説(というと語弊があるかもしれないけど、やはりこれは大人の冒険小説ですね)を読了。文体はたまにハーレクィン・ノベル的にくさくなるときがあるんだけど、物語のスケールは壮大だし、人々の描写、そしてインドのムンバイの町の描写が素晴らしいですね。ぼくの持っている英語版だと933ページもある長編なんですけど(ぼくは外で読むときは3巻に分かれた新潮文庫の日本語訳を持ち歩いていました)、一気に読めてしまいます。これを読んで、ものすごくインドへいきたくなりましたね。とにかくお薦めです。

 FILM: 最近はあんまり面白い映画にめぐり会っていないんだけど、なんとはなしにレンタルしたSF映画『モンスターズ 地球外生命体』は、この陳腐なタイトルとは裏腹に、びっくりするほど詩的で、斬新で、不思議な魅力を持った映画です。DVDカバーの裏にタランティーノやリドリー・スコットが絶賛していると書かれていたので借りたんだけど、彼らが絶賛するの、よく分かりました。お薦めです。

 PEOPLE: 先日、母と『ノッティングヒルの恋人』を観ていたんだけど、その影響を受けてか、ぼくの84歳になる母は昨夜、ヒュー・グラントとディープキスをしている夢を見たそうです。「毎年、いつもこのぐらいになると気持ちのいい夢を見るのよね」と母は言っていました。楽しいひとですね。

 ではでfは、また明日。
 Ciao!

 

 
posted by ロバート・ハリス at 14:34| 過去ブログアーカイブ