2011年12月20日

石井竜也さん、「ゴッドファーザー」etc.

 
 みなさん、元気ですか?

 きのう、J-WAVEの『ヴィンテージ・ガレージ』の収録を横浜の赤煉瓦倉庫やみなとみらい近辺で敢行しました。

 ゲストはミュージシャンでアーティストの石井竜也さん。

 現在、赤煉瓦倉庫の前に設置されたスケートリンクで石井さん創作のライトショーが展開されていて、それを一緒に見たり、車でドライブしながら色々なことについて話して、楽しい時を過ごしました。

 石井さんに会うのは10年ぶりぐらいかな。

 彼とはすごく気が会うし、彼のユーモアのセンスが大好きなんだけど、きのうも期待したとおり、彼のユーモアたっぷりの話術にずっと笑わせられちゃいました。

 この模様は来年の『ヴィンテージ・ガレージ』で放送するので、ぜひ聴いてみてください。とっても面白い番組になっているはずです。

 石井さんとは好きなものも同じものが多いんだけど、彼がぼくと同じぐらい、いや、それ以上に映画『ゴッドファーザー』の熱狂的なファンだということは初めて知りました。

 「ぼく『ゴッドファーザー』のDVDをみると、なぜか買っちゃうんですよね。持ってるのに。だから今、『ゴッドファーザー』のDVD,家に10本ぐらいあるんじゃないかな。中身は全部、同じなんですけどね」

 そんなことを言って笑わせてくれた石井さんに『ゴッドファーザー』のシチリアのシーンが撮影された村に行った時のことを書いた、ぼくの紀行本『知られざるイタリアへ』をプレゼントすると、すごくよろこんでくれました。

 村はシチリアの東海岸にあるタオルミーナのすぐとなりにあるフォルツァ・ダグロという小さなところなんだけど、とても美しいところだし、人々もフレンドリーなんで、お薦めです。

 そう言えば、この村に行った次の夜、カラブリアのホテルでテレビを付けると、『ゴッドファーザー』を放送していてびっくりしたのを覚えています。

 翌日、イタリア人にこのことを話すと、1年に一回ぐらいの割合で『ゴッドファーザー』を放送していて、たまたま昨日がその日だったんだ、ということでした。すごい偶然ですよね。

 でも、そんなことを考えながら昨夜の深夜、WOWOWを付けるとなんと、『ゴッドファーザー』3部作をたまたま放送していて、またまたびっくりしてしまいました。この偶然はもう、神がかってますよね。

 「ぼくは『ゴッドファーザー』のファミリーの一員だと思ってるんですよ」と石井さんが言っていたけど、こういう運命的な偶然は、ファミリーの一員だからこそ起こるんでしょうね、きっと。

 そんなわけでぼくは昨夜、というか今朝、朝の5時ぐらいまで『ゴッドファーザー』、観てしまいました。

 ではでは、ciao!
posted by ロバート・ハリス at 13:25| 過去ブログアーカイブ

2011年12月17日

蔦屋書店でのサイン会


 みなさん、元気ですか?

 ぼくから再度のお知らせです。今日、12月17日、土曜日、18:00から新しくできた代官山の蔦屋書店(東京都渋谷区猿楽町17-5)でぼくの旅の英語本『英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅出来る』の続編『やってみたら英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できた』の出版を記念してミニトーク&サイン会を行います。

 詳細は 代官山 蔦屋書店 03-3770-2525
 http://tsite.jp/daikanyama/ までお問い合わせください。

 この本を書くために敢行したアメリカとカナダの旅についてなどを話しながら、みなさんとリラックスした雰囲気の中で交流したいと思います。

 会場となる、代官山の旧山手通り沿いにできた蔦屋書店は本好きにとっては最高のところなので、ここを探索するのもお薦めです。

 ぜひ遊びにきてください。待ってます。

 Ciao!
posted by ロバート・ハリス at 11:00| 過去ブログアーカイブ

バグースの死。


 みなさん、元気ですか?

 この前の投稿では言わなかったんだけど、先月、愛犬のバグースが息を引き取りました。

 雌のミニ柴のバグース。11月の24日に17歳になったんですけど、その2日後の26日、母の腕の中で4,5回大きく溜息を付いた後、静かに眠りに付いたということです。

 ここ2年近くは白内障でほとんど眼が見えなかったし、頭の方も随分とボケていて、呼んでも反応しなかったし、衝動的に狭いスペーズに潜り込もうとばかりしていたので、面倒を見るのがかなり大変でした。

 でも、ぼくか母が抱いてあげると安心するのか、良く腕の中でスヤスヤと眠りに落ちていました。

 若いときはよく一緒に遊んだし、散歩もよくしました。娘のエアが赤ん坊のときは彼女に辛抱強く付き合ってくれました。

 一時はものすごいデブになって、手足を宙に上げた格好で大の字になって寝るので、家族全員が大笑いしていました。

 最後の数週間は足もかなり弱っていて、ほとんど歩けない状態でした。

 その日、ぼくは東京で司会の仕事をしていて見取ってあげられなかったんだけど、母の腕の中で息を引き取ったと聞いて、すごくホッとしました。

 バグースにとっても良かったし、最後まで、彼女なりに母に尽くしてくれたんだなと思いました。

 遺骨はいまリビングにあり、彼女の色んな時代の写真に囲まれていて、暖かそうです。

 バグース、家族の一員として時を過ごしてくれて、感謝です。


posted by ロバート・ハリス at 00:37| 過去ブログアーカイブ